遠隔施術の症例とご感想:2022年09月12日


先日の朝方に、
遠隔施術のご依頼をいただきました。

朝起きたら左の背中から肋骨の中の方が
激痛で、呼吸もしづらい。
でも仕事は休めないとのこと。

わたしの検査での仮説。
…砲澆慮彊は脾臓の腫れ
∝B,亮陲譴牢梁,良堋瓦ら
gB,ら肝臓へ流れる脾静脈の鬱滞
ご梁,北ぞ嘆修隆蕎陲罰萓酸素
ョB,亮陲譴砲茲辰堂3嵋譴瞭阿が制限されて呼吸が浅くなっている。

これらのことを踏まえて遠隔施術をしました。
朝の施術後にだいぶ良くなったとのご連絡をいただきましたがその日は夜遅くまでお仕事があるとのことで、夕方にもう一度、遠隔施術をしました。

痛みは9割ほどなくなり
無事にお仕事が終わったとのご連絡をいただきホッとしました☺️
翌日には完治と言えるほど
すっかり良くなったそうです❣️

この施術は
「仮説検証」
この繰り返し。
この繰り返しによって
少しずつできることが広がっていくようです✨

地道な練習や勉強、
長く続けることが苦手なわたしですが
この道はずっと歩き続けていきたい。
そんなふうに思うことがいろいろ起きて
なんだかワクワクしています❣️

以下、いただいたご感想です❣️
 ↓

今回、朝起きた時に
左のあばら骨の中がなんだかすごく痛くて、
かがんだりすると激痛で、
呼吸するたびに痛くて浅い呼吸しかできなくて、何もしてなくてもなんかずっと痛くて、どうにもならなくて、
でも、どうしてもハル先生のところに行けなかったので遠隔施術をお願いしました。

朝お願いして、
しばらくしたら急に一瞬眠たくなって、
それから少しずつ痛みが引いてきました。30分〜1時間くらいしたら痛みが半分くらいになって、なんとかなるようになって、
そのあともう一度夕方に
遠隔施術をお願いしました。
そうしたら、
そこからまた痛みがどんどん引いてきて、
やっぱりハル先生すごーい‼️って。

ハル先生の見立てでは
脾臓の腫れからの痛みで
原因は活性酸素と
肝臓に関係した感情の鬱滞の問題で
肝臓につながる血管の流れが悪くなったそうです。

肝臓の感情を教えてもらったら納得でした。
それから1日経ったらあんなに激痛だったのがもう忘れるくらいになってました 笑笑

遠隔でこんなに良くなるとかちょっとヤバイと思う 笑笑
でもおかげ様で本当に助かりました。
ハル先生ありがとうございます。

FullSizeRender


Posted by therapy_room_haru at 23:59│ Comments(0セラピーをうけた方の体験記  
このBlogのトップへ前の記事次の記事
 
 
 
Copyright (C) 2005 haru , All rights reserved.
omo